日本ホビーショーの特長

日本ホビーショー 「3つのポイント」

【ポイント1】アジア最大級の手づくりホビーの祭典
年々増加する来場者数、2012年には過去最多13万人を記録
1976年来、37回目を迎える開催実績と安定した信頼感
多彩なワークショップやデモンストレーションの実施
 【ポイント2】日本ホビーショーならではの双方向マーケティング、新規顧客開拓
企業から来場者への直接の情報発信、コミュニケーションが可能
来場者から企業への生の声をビジネスに生かす
新規ビジネスの創出(小売・卸売業者との新規取引、出展者間のコラボレーションとビジネスチャンス拡大など)

※2012年バイヤー入場数5,070名

【ポイント3】メディアも注目!ホビーに関する最新情報を発信
2012年は171社247名のマスコミがホビーのトレンド最前線を取材
各出展企業の自社ブランドや新商品をアピールするチャンス

日本ホビーショー ユニークな「B to C to B」型のマーケティングフェア

「B to C to B」型のマーケティング
 
出展者の満足度と来場者にとってのホビーショーの魅力のグラフ
 
 
>> 前回の「第36回 2012年 日本ホビーショーレポート」はこちら